相手には攻めるべきか、守るべきか

セフレ募集アプリの攻略方法はインターネット上に数多く紹介されていますが、その中に「攻め」と「守り」の二パターンのアプローチによる方法があります。

「攻め」というのは、プロフィールなどを見て気に入った相手に自分から積極的にアプローチしていくというものです。

一方「守り」は自分はプロフィールや掲示板にただ書き込みをするだけで、それを見た女性からのアプローチを待つというものです。

どちらが実際に出会える可能性が高いかというと、後者の「守りの」ほうだとされます。

その理由として、攻めのパターンなら相手が自分のアプローチに対してまったく反応や興味を示さないことも少なくありませんが、守りならば少なくとも自分に興味を持ったからこそメールをくれたわけです。

だから、攻めではスタート地点に立つことができないことが多いのに対して守りなら一応スタートできることとなるのです。

せっかくアプローチしても反応がない、無視されるといったことが続くとやる気がなくなってしまいがちですが、守りならそういった心配もありません。

ただ、守っているだけではまったく女性からのアプローチがないこともあり得るので、適度に攻めていくことも必要ですが、基本的に守りのほうが成功率は高くなるようです。

守りを行なうにあたって肝心なのが、プロフィールや掲示板に書き込む文章です。

守りの場合はこの文章の出来如何によって成功率が大きく異なってしまうからです。

では、どのような書き込み内容や文章ならいいのでしょうか。

もちろん女性にもいろいろな人がいるのでこんな文章なら、こんな内容なら間違いないといったテンプレートのようなものは存在しません。

したがって、肝心なのは自分が女性の立場になって考えることです。

「こんな内容の書き込みなら興味を持つかもしれない」「こんな文章ならメールを出してもいいかな」といったものなら、きっと女性も同じような考えを持つでしょう。

最初のうちはなかなか思いつかないかもしれませんが、何度も書いているうちにわかってくるはずです。

逆に「こんな言葉遣いをされたらイヤだな」「こんな内容は引く」といったものもあるので、それは決して書かないといった逆パターンも必要です。

More from my site